薬剤師をしていますが、スキルアップのために転職した

意外と早い段階で採用は決まることに

そこからどれだけ時間がかかるかなと思っていたのですが、意外と早い段階で採用は決まることになりそれから三ヶ月後に新天地が決まったのです。
何が良くて採用をしてもらうことができたのかわかりませんでしたが、自分の能力を考えると勿体無いぐらいの職場だったのです。
それだけに仕事の内容も今までよりも大変だったのですが、職場の環境が良いのでそれがきついとは思いませんでした。
そして、転職をする前よりも格段に自分の実力がついたという実感を持つことができたので、転職をしたことは正解だったと感じたのです。
転職をしなければ今でも毎日代わり映えのない日々を過ごすことになっていて、特別なにか新しい知識を身につけるでもなく時間が過ぎ去っていったことでしょうが、今では新天地で日々新しい知識や技術を身につけることができているので良かったです。
経験というのは何にも代えがたい財産ですから、それを手に入れることができたというのは転職をしたかいが本当にあります。
ひとつの職場でキャリアを全うするというのもそれはそれでひとつの形なのかもしれませんが、薬剤師という職業を選んだからにはひとつの職場で満足することなく、どんどんスキルアップを目指していくというのも大事なことなのではないかなと思います。

薬剤師としてのスキルアップも見込めない職場だったので | 最初は転職をするにあたっての注意点をおさえて | 意外と早い段階で採用は決まることに